合宿免許のメリットとデメリット

今回は、運転免許を合宿でとるときのメリットとデメリットをご紹介します。

まず、合宿免許の最大のメリットは、免許教習所でも知り合いを作ることができるということです。

しかも、全員が全員、運転の初心者ということもあり、かなり仲良くなることが可能です。
他のメリットとしては、合宿なので運転以外の遊びも暇な時間に行うことができるということです。

プチ旅行みたいなことも、時間によっては可能になります。

また、合宿免許では、教習で使える車が高級車の場合もあります。

他の教習所と差をつけたい、という考えから、BMWなどの外車を高速練習に用いるところがあるそうです。



教習所でとはいえ、外車を運転したことがあるというのは、一つの自慢になることです。



合宿免許のデメリットとしては、当然ながら一定期間完全に他のことには使えなくなってしまうということです。

幅広い分野の長崎県の自動車免許情報の優良サイトの情報を公開中です。

仕事やバイトなどの用事もできなくなってしまうので、一定期間予定をあけることができない人には、なかなか難しいかもしれません。

また、教習の期間は決まっているので、仮免許取得のテスト、および仮免許卒業テストなどの日程もすでに組まれています。


つまり、そのテストの日程までに講習をおえられない、もしくはテストに合格できないなどということになると、追加料金を取られ、なおかつ合宿期間が延びます。
なので、合宿後すぐに予定が入っている人が仮にテストに落ちてしまうと、その予定に間に合わないことになります。

その点は注意が必要です。